« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

調布駅(2012年10月)

10月27日(土)立ち寄りました。南口です。
1_2
地下3階の新宿方面行きホームです。高尾駅か?(ばき)
2

このようにホームドアがあります。安全でいいですね。
3
これも新宿行きホームですがホーム端から八王子方面を見ています。
左に見えるのが多摩川線からの電車。地上の時は下り線と平面交差
していた為しばし遅延や開かずの踏切になっていたのでした。
4

これは地下2階下りホーム(八王子、橋本行き)から八王子方面を
見ています。
5
急は急行、Tは多摩川線の意味。
6_2

準は準特急、Hは八王子方面?又は本線かな?
ある方が答えるかな。
7
新宿行きは地下3階、八王子方面は地下2階、勾配がきついのは
地下3階の新宿行き。傾斜のきつさがホーム端で
電車のテールライトを見ているとより分かります。

地上に出て西方面を。直線の架線柱と左に曲がっていく架線柱が。
8
上の写真の分岐あたりから。何線だろう?(ばき)
9
上記撮影場所から10m位右に行っての撮影。
何線だろう(ばき)
10
上記撮影場所から10m位右に行っての撮影(ばき)
ここ開かずの踏切で有名でした。
平面交差が有ったので全然開きませんでした。
11_2

これは新宿方面を。線路跡やホーム跡がミエますね。
12

北口や南口の景色は変わっていませんでした。
駅が地上から地下になっただけ。それでも町を分断してたから
地下化になったのは画期的でありこれから発展していきますね。
私鉄は開かず~対策で地下化する事多いですね。
どこかの東はちんたらちんたら工事するしスピーディーさと言ったら
私鉄に軍配が上がりますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サイダー

先日、ある駅で(鉄ではない、ばき)買いました。180円。
Photo
味は・・・う~ん、びみょーでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

多摩モノまつり2012

10月20日(土)ここに来ました。
1
あやしいゆるキャラが。八王子のゆるキャラ、たき坊というそうです。
3

メインに。家族連れ中心でした。
2
冷房装置。
8
タイヤ
7
工作車。
4

奥の広場です。ミニSLもやってました。
5

トンネル。結構勾配あります。
6
この位置からレール見るのは初めてです。
10

クイズが4つあり全問正解で鉛筆と消しゴムがもらえました。
9

先週の平兵衛まつりよりは規模は小さいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

平兵衛まつり2012

10月13日(土)国分寺市の光商店街で、まつりがありました。
1

メインはこちらです。へいべえと読みます。
2
上記の場所です。ここ初めて入ります。
略して総研と言う人いますね。
3

リニアだ。ML100。1972年落成。100はは鉄道100年
からつけたそうです。
MLはMagnetic Levitation(磁気浮上)の頭文字。
宮崎実験線なんていうと知っている人いるはず。
4
こちらはMLX01。山梨の実験線でおなじみです。
名古屋のどこかでミタ人いるような。
5

JR東日本秋田支社の杉ちゃん?と言ってたかな?秋田杉みたい。
6

この後実験棟で展示や実演をしており写真撮りましたが
パンフレットに実験棟では撮影禁止・・・と書いてあり
あえてこの記事では載せません。
これは大丈夫。hi-tram(ハイ!トラム)
省エネ電車。充電して架線なして走ることもできるそうな。
7
この架線、6万6千ボルト流れているそうです。
8

何だか大学の雰囲気。
9

ここは撮影可。興味ある人いるかな?
10
前の貨物車と後ろの2両(青い)電車との間が詰まると
青い電車が停止するのです。
11
信号の歴史上半分
12
下半分。ハイボールの由来が載っています。へえ~
13

鉄道模型が、大規模でした。
15
おっ、すれ違い。
14

外に出てSL北斗星!!
16

総研を出たら新幹線が、富士市?ばき
17

商店街地図。緑のラインたまらんち、かな?
18
そういう経緯があったのですね。
19_2

へいべえさんがいたのです。この周辺は・・・新田という地名が
残っていますね。歴史がありますね。
20

このまつり、意外と検索してもヒットせず、自分は国分寺駅に
ポスターが貼ってあり分かりました。
国分寺市HPにも新幹線資料館で写真展・・・とありました。
国立駅が最寄駅ですが北側はすぐに国分寺市になるため
国立市ではヒットしないです。鉄道総研のHPにも載っていません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012F1日本GP

10月7日(日)F1日本グランプリ(GP)決勝があり現地ではなく
ある場所(ギャラリー)で見ました(ばき)
あるサイトでパブリックビューイングが行われることを知りました。
場所は・・・この記事の中で答えが出る(でしょう、ばき)。

放送は14:30、決勝は15時から。10時過ぎにはここに着きました(ばき)
2時間前集合をはるかにしのぎました(ばき)
100席ほどあるうち30席位は席が埋まっていました。
荷物を置いて見学や散策、食事に行ったのでしょう。私も同じ。
12時には席が埋まりました。(席は自由席、早い者勝ちでした)
1

お~、スカイライン。席に座りました。マニュアル6速でした。
2
これは、サニー。古い!
3
この車は、F1仕様みたい。
4
そういうことでした。
5
ヘルメットも。
6

歩いて2分ほどのビルには、模型博物館が。
7
近くを散策。サービスショットです(ばき)
8
近くにはマリノスタウンが。横浜F・マリノスチームのグラウンドです。
9

マリノスタウン近くには、何だかくさい線路が(臭う訳ではないです)
10
こちらはバックショット。左にはマリノスタウンが。
こ線橋からの撮影です。エレベーターもあります。
ここのあたり、貨物の撮影で有名らしいです。
いくつかのサイトで出てます。
11
車輪が。(右向こうがマリノスタウン)
12
高島操車場の名残をとどめたのですね。
13

高島水際線(すいさいせん)公園というそうです。
『線』が入っているから反応しますね。
14
いい感じ。右奥にこ線橋が。
15
高島トンネルだ。
鶴見ー桜木町間を結ぶ高島線というそうです。
ここらへん、再開発で変わっているような。
16

何だかミタ事ある景色。
2008年5月BRAVE CIRCLEウォークで歩きましたね。
4年前は反対車線を歩いていました。ばき
17

散策から戻ってきて14時頃。
まだまだ人が増え、最終的には奥の2階通路まで人がいました。
恐らくここに300人はいたのでは。
18

14:30から放送が始まり、くぎづけに。
ちなみにこれはフジテレビNEXTというCS放送を使っています。
BSフジではライブ(生放送)ではないためここでの放送は
お得なのです。ライブはいいなあ。
日本人唯一のドライバー小林可夢偉(かむい)選手、予選3位
自身初めての表彰台に期待がかかりました。
19
15時、1周のフォーメーションラップスタート。どきどきでした。
スタートうまく決めてくれ、さあスタート、1台抜いて2位に。
見てたみんな大歓声。

レースは周回を重ね残り10周で3位。後ろ(4位)との差が1~2秒で
推移し、ひやひやでした。写真は残り1週と少し。
20
最終周では差が縮まり悲鳴が。
映像は、1位、2位のゴールシーンに変わり、
カムイはどうしたと思った時にゴールの所に切り替わり
3位でゴールしたのがわかって大歓声に。どんちゃん騒ぎでした(ばき)

サーキットの観客からカムイ、カムイ、と手拍子でコールがあり
我々も手拍子を。う~ん、感動です。
21
表彰式後の公式会見。日本語で話しているよ。
(基本は英語、英語の後に母国語で話すのです)
22

パブリックビューイングが終わり、じゃんけん大会が。
私は途中で負けました(ばき)
23

すべてが終わって、夜景を。ベイクオーター方面を。
24
何だかここからのもミタ事あるような。
2008年5月BRAVE CIRCLEウォーク終了後に来たような。
でも何だか景色が少し違うような・・・
25
横浜駅まで歩き、4年前と同じ場所でしゅうまい弁当を買って
同じルートで電車に乗って帰って来て家で弁当を食べ
夜9時からのBSフジでのF1中継を見ました。

ライブとの差はやはりあります。
途中、はしょるからレースの流れが見えなくなります。
過去には何回か地上波で生中継してたけど今は有料でないと
生で見られない。ライブ最高!!と実感しました。
細かい所ではゴール後から公式会見まで通しで見られたのは
良かったです。
どんどんパブリックビューイング増えてほしいな(ぼそ)

(10月9日追記)
三重河川国道事務所内の記者発表(9月20日)にそそられる記事が
たまらんちです(ばき)
私の去年の記事(2011F1日本GP⑫)にも載っています。
早く開通しろ~と思うのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギャラリー

ギャラリー
なぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑い

今日(10月1日)は東京で31度行ったそうです。暑い!!
でも、日の入りが17時30分頃であっという間に涼しくなりますね。
10月は神無月。神在月の場所に行きたいな。
1回だけあるけどなかなかあちら方面は行けない。
一生に一度の人も多い。いや、行かない(行けない)人も多いはず。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »