« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

東海道ウォーキング24-2

続きです。
急坂を下ると日坂(にっさか)宿へ。ん、道が通行止め!?
32
例大祭でした。
33
こんな感じ
44
本陣跡。
34
川坂屋。お祭りのためお休みで見学できず。
35

みこしが連なってます。
36
宮司さんが通ります。そのあとみこしが通ります。
周りの人は頭を下げ、通り過ぎると
37
自分達のみこしを揺らし、準備します。
39
専任八幡宮(ことのままはちまんぐう)
屋台も出ていました。
40
くすの木
41

神社を後にして1号バイパスを見て。これはバックショット。
mさんはこの光景見たことあるかも。左の看板に注目ですね。
43
前の写真から進行方向を見て。東海道は左へ。
42
伊達方一里塚。ここから暫くはあまりぱっとせず(ばき)
ここらから西日がきつく辛かった~。
45
馬喰橋(ばくろうばし)。橋を渡ると
46
葛川一里塚。
47

東海道は左折。右ではないし、真正面でもないです。
七曲が始まります。
48
20m前に進む画像がこれ。
こちらです。右の道、くねくねなので迷いますが違います。
49
100m進んで右折。標識ありません(ばき)
100m進むと
50
常夜燈が右にあります。ここは左折。
51
このあとは、右折、右折と進みます。そう進まざるを得ず、
七曲いわれの看板を見て、奥のとまれの看板で
52
53

左折。
54
50m進んで右折。
55
100m進むと左折。和菓子屋さんが目印です。
これで終わりです。標識無く分かりづら~い。
56 
本陣跡。駐車場になってる事多いですね。
57
商店街をぬけ、ここでゴール。
58
何歩かな。22km歩きました。
59
この日は牧之原台地越えが大変でした。
石畳茶屋ー日坂の間に自動販売機がありません。
正確には1箇所あったような。飲み物はあらかじめ用意しましょう。

西に向かって歩くため太陽がもろあたるため帽子は勿論
タオルは2枚あるといいかも。右の頭からたらす、
左の頭からたらす、少しはましになるかも。
日傘さして歩いている人もいました。
長袖は必須です。腕、日焼けしますから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東海道ウォーキング24-1

9月19日(日)金谷ー掛川、9月20日(月)掛川ー見附まで歩きました。
各日その1、その2とします。4回記事にします。
まずは前回終了の金谷駅へ。
1
スタートし急坂を登るといい景色が、富士山は見えず。
真ん中には前回渡った大井川橋が見えます。
4
お茶の郷博物館へ。
2
見学もそこそこに、あるものを撮影するため
近くの牧之原公園へ(爆)
3
お茶の郷博物館近くにはお茶畑は勿論、アンテナも
標高高いですね。
5

東海道に戻り金谷坂の石畳が始まります。
8
説明板です。中山道にもあります。だそうです。
9
看板脇にある石畳茶屋へ。
6
ここで休憩。hさんは温かいの。私は冷やです。
7

上り終わって少し歩くと諏訪原城跡が。興味なし(ばき)
1周したけど順路の看板はあるけど出口までどれくらいかかるか
案内一切なし。なっとらん。
10
今度は菊川の石畳。(下り坂)
11
この場所から『茶』と書いてある山が。栗ヶ岳です。
12
石畳、草ボーボー(ばき)
13
しばらくすると、地元のおばちゃん方が草を刈っていました。
『地元の皆さんのおかげで我々は安心して歩くことが出来ます
ありがとうございます』と言う感じの言葉を言って歩き続けました。
14

坂も終わって間の宿菊川へ。
15
日曜だけあいているさんぽ茶屋で休憩。
焼きそば売っていて食べました。うどんやそば
おばぎも売ってました。
16
また坂が始まります。
17
300Mくらいするとこんな坂に
なんじゃこりゃ~坂きつい~
この坂、写真で見た感じは分かりづらいですが
勾配きついです。箱根の坂、いやそれ以上のきつさと感じました。
体内のギヤを1速にしても(何じゃそりゃ!?)きつかったです。
暑さもあったのは事実。お茶の郷博物館までの上り坂でエネルギー
使い果たしたか(ばき)きつかった~。
牧ノ原台地は侮れません。箱根や鈴鹿峠は勾配がきついと
本には書いていますが、ここの区間は書いてない、と
袋井のどまん中茶屋で誰かが(お客さんだったかお店の人か不明)
言ってました。
18
暫く坂が続きましたが救いは、この勾配は長く続かないことを
知っていたこと、そしてもう一つは絶景のお茶畑が。
19
お茶畑全開でした。手入れが大変だろうなあ。
しばし休憩。

久延寺。(きゅうえんじ)
山内一豊が徳川家康を接待したそうです。
20
ここには夜泣石が。
21
お寺の隣には扇屋さんがあります。
ここは土、日、祝日のみ営業です。
8年前まで(だったかな)100歳を越えるおばあちゃんが
もてなしていたそうです。
22
暑かったのでカキ氷を。イチゴ味です。
23
ここの茶屋あたりがサミット。近くの高台からは晴れていれば
富士山は見えるのですが、見えず。
24

茶屋を後にして佐夜鹿(さよしか)一里塚
25
涼み松。松の下で涼みながら松尾芭蕉が碑を詠んだのです。
26
夜泣石碑
27
広重の絵碑
28
おっ、モノレール。(ばき)
29

この坂、hさんが言ってたのだ。確かに急だ。
30
さらに急。
31
走りました(ばき)
坂が終わると日坂宿。続きは後日。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お茶畑

お茶畑
お茶畑全開です。
ここの場所、侮れないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家族の肖像

家で母親とTVを見てた時の会話。
女性が自転車で走っている番組で、その女性とは
私は生で会った事もあるし、母親もその事を知っている。
TVを見て
母:『なんか歳とったみたいね』
私:(爆)
まあ、三十路だし(ばき)、社会で生きてく事大変だし。
違った世界で、色々な分野に挑戦してるしね。
でも、かわいかったなあ。あっ過去形になってる(ばき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコではありません。(ばき)
源(みなもと)と読みます。何が『源』なのか。
下2枚の写真をご覧下さい。
2005年10月8日(土)石巻線女川(おながわ)駅。
1
2005年10月15日(土)花輪線好摩(こうま)駅
2
2つとも現地に行きました(ばき)
写真に写っている人は関口知宏(せきぐちともひろ)さん。
『せっきー』とも呼ばれています。

2004年5~6月NHKBSで
『列島縦断鉄道12000km最長片道切符の旅』(長い、ばき)
2005年3~4月
『列島縦断鉄道乗りつくしの旅JR20000km全線走破・春編』(長い、ばき)
2005年9~10月
『列島縦断鉄道乗りつくしの旅JR20000km全線走破・秋編』(長い、ばき)
JR線全線走破した人です。

BShiで朝15分、BS2で夜再放送も行っていました。
放送の手段、方法は根本的には今の街道てくてく旅と変わっていません。
彼がいなければ、てくてく旅も見なかったし歩きもしなかった。
岩本テルさんのは見なかったなあ(ばき)
姫のはNHKで土曜深夜に25分のダイジェストで見たくらい。
でも最後2週間はちゃんと見てました。
もっとも、姫がかわいかったから見たとも言えますが(爆)

いずれにしてもこの2番組(最長片道切符ーと鉄道乗りつくしー)
が今の歩きの源になっているのです。
無ければ歩いていなかった。
9月4(土)から今日11日(土)までは鉄道三昧でした。
う~ん、九州のは良かったなあ。乗りたかったし行きたかった。
約1名同じ考えをしている人いるでしょう(ばき)
ハイビジョンはいいなあ。5年前はBS2でアナログだけでした。

ん、追っかけの源も5年前からか(ばき)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

河口湖

8月29日(日)の話。河口湖に行きました。
河口湖駅です。
1
富士山が。
2
電車3本停まってました。
3
改札口を見ると・・・・・ばき
Photo

河口湖ステラシアターで行われました。
5
新しいがりがり君が売ってました。
6
もう25年か。
7
終了後、富士山が見えました。絶景です。
8
これカーナンバー、3310(みさと)です。
マニヤですねえ。
3310

おまけ。吉田のうどんです。
富士吉田市はうどんが有名でお昼に食べました。
肉天キンピラうどん。500円でした。
Photo_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »