« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

トークショー

3月28日(日)新宿に行きトークショーを見ました。
素敵な嬢がいました。ウェア素敵ですね。
Photo








バンクーバー五輪聖火ランナーで使ったトーチ持ってます。
2








本の宣伝してました。イヤリング・・・(ばき)
3_2








これは質問コーナーに答えている所です。
3








トークショーは50分で終了。参加した仲間とちょっとお茶飲みに。
トークショー前にここに寄って来ました。
4









マニヤの諸君少ない。5人くらいでした。6









こんな感じ。寒くてまだまだ。今度の週末がすごいかも。
あれ、また話が脱線しちゃった。(ばき)
5



| | コメント (4) | トラックバック (0)

東海道ウォーキング18

(3月27日完了です)
3月22日(月)原~富士を歩きました。
前回終了の原駅よりスタート
1








新田(しんでん)大橋では富士山は綺麗に見えましたが・・・
Photo









1時間後の東田子の浦駅では・・・
見えな~い(ばき)
Photo_2








望嶽(ぼうがく)の碑がある立えん寺(りゅうえんじ)でも見えず・・・
4








毘沙門天でも見えず5









有名な左富士でも見えな~い
う~ん、残念。6









この後平家越の碑がある所で、少し富士山が
見え、再度左富士に戻りましたが見えず・・・
7








平家越橋を越えて歩くと、見え始めましたが、先を進みました。
8








吉原にはこのような看板が多くあり、トイレを借りたり、
観光の相談にのってもらえます。
9








吉原宿に入ってます。
10








これを見ると奥に道が移動しているのがわかります。
自然災害は怖いですね。
11








いい感じですが、下も見て歩いてください。
路面に碑が埋め込まれてます。(脇本陣跡など)
13








栗清さんという精肉屋さんで買いました。
コロッケ(左、55円)メンチカツ(右、65円)おいしかったですよ。
Photo_3








吉原小宿です。ここには観光パンフレットも置いています。
歩く前、吉原の『くねくね』をどう攻略するか手書きの地図まで書いてましたが
観光パンフレットに道順が載っており解決したのでした(爆)
15








鯛屋旅館。(吉原本宿)
http://www.yoshiwara-honjyuku.com/taiya.htm
清水次郎長、山岡鉄舟の常宿として知られています。
Photo_4








業務内容です。
17








中に入ると、食事処が有ります。岩本テルさんがここから
中継したのです。
18








ひな壇も。
19








こちらのお姉さんに案内してもらいました。
(ブログに載せるので、と許可をもらいました)
20








http://www.yoshiwara-honjyuku.com/index.htm
http://www.yoshiwara-honjyuku.com/tmo.htm
http://www.yoshiwara-honjyuku.com/map.htm
ここに来て、皆さんが吉原宿を愛し、思いを来客に
伝えているのが分かりました。
私は予習と言ったら、クネクネをどう攻略するかばかり考えていて
何だか恥ずかしくなりました。人と会って話をする、
その地区の歴史を知る、街道歩きの醍醐味だと感じたのでした。
出発の時には火打石でカチカチと歩きの無事を願ってもらいました。
ありがとうございました。

出発したら足元にあったのです。上ばかり見ないで、と言ったのはこの為でした。
21








歩くとすぐに、アドニスというお店があります。
つけナポリタンのお店で吉原では有名なのです。
お店によって味が違い吉原の売りになっているのです。
時間がなく今回はパス。東海道はここを左折です。
Photo_5








左折して100mくらいして左にあるお店です。
鯛屋旅館のおねえさんがたこ焼きやお好み焼きがおいしいと言ってましたが
ソフトクリームを食べました(ばき)
23








ここから先は標識もありますが錦町交差点ではこのように進みます。
右に曲がってすぐ左折です。
24








道なりに進みかっぱ寿司が右に見えたら左折です。
25








100mすると高島交差点を矢印方向に進みます。
26








300mすると右折。標識が出ているので分かりやすいです。
右端に歩いてる人います。
27








50mして左折。
28








hさんが迷ったとこ。私は正攻法で歩き
29








ここへ
30








首塚です
31








戻り、鶴芝の碑です。ここから雪の富士山を見ると中腹に一羽の鶴が
舞っているように見えたからです
32








東海道は迂回して進みます。
33








矢印に進みます。富士駅まで1kmと少し。
34








この緑道は・・・。yさんは反応するでしょう。
身延線の線路跡です。今のルートとは違うところを通っていたのでした。
Photo_6








一里塚跡。
36








商店街にぶつかりました。ここで今回の東海道は終了。
左折して富士駅へ。あと500mくらい。
37








途中、振り返っても富士山は見えず。
Photo_7








富士駅でゴール。
39








何歩かな。30,000歩越えました。21km歩きました。40









今回富士山が接近する場所でしたが見えず残念でしたが
吉原宿には再訪したいと感じました。
いい雰囲気の宿であり、食も堪能したい。
つけナポリタン食べたいなあ。左富士も再履修ですね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

富士山

富士山
見えん(ばき)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北陸・能登

3月12日(金)2つ夜行列車の定期運行が廃止となりました。
ここのとこ話題になっておりましたが、最終日の12日に
私も行ってきました。上野駅へ。変わりましたねえ~
1









マニヤの諸君多数。
2









鉄子さんも。
3









先頭車では報道陣もいました。
4










上野を離れてここへ。おっ、北陸号が。手ブレが。
5









このボンネットは・・・。(後述で)
6









事故がないよう、駅員と警備の人が。
上野に比べてマニヤ少ないです。
7










しばらくして、来ました。↓です。
画質を補正しています。デジ一の優れてる点です。
8









もう少し手前で。シャッター速度遅いので少し流れてます。
92









バックショット。さようなら~、10 北陸~











また上野駅に戻ってきたら、うやうや。これだったのです。
11









すごいです。
12









警官も出動してます。入場規制が敷かれてたのです。
132









向かいの14番線より。このホームにもマニヤ多数。
14









これ、出発してます。ありかとう~、や、さようなら~の声が。
15









次はなんだろう(ばき)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

武蔵小金井駅

中央線高架完成から3ヶ月、この駅は上り線1本作るため
まだ工事が続けられているのです。

下の写真は駅(北西側)から撮影。路上禁煙・・・と看板のある奥に
定点観測ポイントで使った歩道橋があったのですが、撤去されました。
11








名残です。(階段、2段残っている)
22








国分寺方面を。線路はありません。
33








南と北を結ぶ通路が出来ました。
4








上記の場所から、新宿方面を。左は地平本線ホーム跡。
右は当駅発のホームでした。当駅発ホーム撤去後に
本格的に始まります。
5








これは国分寺方面。コンクリート柱設置の準備です。
6








小金井街道踏切跡から。ホーム分断されてます。
線路もありません。
7








新宿方面。右端の木(Hみたいな字)あたりにコンクリート柱
できるのかな。
8








南口。どんどん変わります。
10








北口仮駅舎跡。まだありました。
9 









車で来たのである所へ行きました。
11_2








ののさ~ん
12








神社がありました。
13








ここに来ました。(爆)
14








いわれです。
15








雨降ってたのですぐ撤去。新緑の頃はいいかも。
分からないことはご近所さんに聞いてみよう(ばき)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

バンクーバー五輪閉幕

あっという間に終わりました。冬のオリンピックのある年の2月は
早く過ぎ、3月になってしまうのです。
記録より記憶に残る、そんな印象があります。
皆さんも色々思い出に残ったシーンがあるでしょう。
オリンピックカテゴリーも暫くないか。次は2年後、夏のロンドンか。
それまでさようなら~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »