« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

先日、朝日新聞社から賞が届きました。(写真参照)
よくまあ5つ歩きましたよ。3つは地方だし(ばき)
10月に達成してよかった。
https://aspara.asahi.com/column/grandprix/entry/4ooO7WKWm6
各賞達成者には名前が掲載されます。知った人がいます(爆)

11月も3つありますが、残念ながら全部行けません。
スリーデーも然り。11月はイベント自体参加できないです。
皆さん、楽しんできてくださ~い。
Dsc_3502

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東海道ウォーキング15-1

10月11日(日)行ってきました。前回終了の箱根関所跡へ。
今回も2部構成です。
1








歩く前に関所跡展望台へ。見晴らしよかったですよ。
2








スタートしたらこれに立ち寄り、まったりしました(ばき)
3









再スタート。信号を右に曲がります。
4









しばらく行くと坂道に
5









向坂(むこうさか)です。
6









R1をアンダーパスです。
7









赤石(あかいし)坂です。まだ歩きやすいです。8










木の階段です。
9









これをこえるとこのような光景が
10








坂を上りきると次どっちに行ったらいいの?と感じます。
看板がなく、分かりづらいです。赤矢印を進みます。
Xは箱根新道に行くので進まないで下さい。
後ろ200Mには道の駅箱根峠がありますがそちらではありません。

上の写真よりやや後ろから。矢印方向に進みます。
歩道が無いので歩く時は注意が必要です。
11








500Mくらい歩くと國道箱根坂路改築紀念碑
(こくどうはこねはんろかいちくきねんひ)です。
伊豆と相模の境です(進行方向左)
12








そして、ついに箱根峠へ。
さようなら~神奈川県~、こんにちは~静岡県~。
ここ函南(かんなみ)町なんですね。
13









バックショット。
14









ここからパンフレットがかわります。左側がお供ですがこれ、鈴鹿峠まであります。
15









いい感じの道。
16









なんじゃこれ
17









これを見てね
18









箱根エコパーキング。車の駐車場とトイレがあります。
19









こんなとこを歩きます。
20









本格的に。ここの所に京都まで100里の碑がありました。長い~
21









竹笹の?道を。
22









一里塚跡。
23









接待茶屋のいわれです
24









かぶと石。
25









すべりやすい、と看板が出ています。確かにそうです。下っているし。
26









民家わきを通ります。犬が吠えてうるさかったです。
27









R1に沿って三島市へ入ります。
28








今日はここまで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

若狭・三方五湖ツーデーマーチ

10月17日(土)行ってきました。
本来5月に実施しているのですが今年はIVV(国際オリンピアード)が
行われたため10月になったのです。
来年は5月に戻ります
1









野球場が会場です。
2_2









えいえいおー
3









スタート
4









家族連れ多し
5









hさんち?
6









歩いて1KMでチェックポイント(ばき)
7









マンホールです
8









車少なくいい感じです。
9









車道の真ん中、融水構(水がでる)です。
10









金木星でなく金木犀です。いいにおい。
11









べこ。
12









中間地点。まったりする人多し。
13









追分。
14









チェックポイントの場所でもあります。
みかえりの松が有名です。
15









このあたりになるとバラバラで歩きます。

16









こっちへ
17









1ヶ月早ければいい感じだったかも
9月に歩いた奥の細道鳥海ツーデーマーチみたい。
18









すすきを見ながら
19









こんな看板が
20









ゴールが見えてきました
21_2









ゴール。
22









何歩かな?11km歩きましたよ。総合的に平坦な道で歩きやすかったです。
23









歩いたことにより5個めGET。
よくここまで来ました。ポイントになったのは5月30日の堺国際。
あれで3個目。残り3だと9、10、11月に各1回行かないと
きついので、10月中になんとしても決定したかったから。
あれは大きかったのです。
11月はスリーデー含めウォーキングイベントに参加できない
かも知れないから・・・
景品は後日発送ですって。賞もらう人が多くなったからだって。
24









おろしそば400円。ここで手打ちしてたので
コシがあっておいしかったですよ。
26









しじみ汁無料振る舞い。2杯頂きました
25_2









会場を後にして三方五湖(みかたごこ)へ
ここの展望台は5つの湖が見えます。
美浜町出身の五木ひろしさんの歌碑があります。
ふるさと、と言う曲、NHK朝ドラちりとてちんでよくかかってましたね。
27









水月湖(手前)と菅湖(奥)
28









次に向かったのは『聖地』と呼ばれている所(自分の中で)
29









敦賀駅で見た電車。色が古っ。
30455









運転室の後ろから。
31








上3枚yさん向け?(ばき)

<おまけ>
お城跡が。hさん、yさん反応するかな?
32

| | コメント (7) | トラックバック (0)

なぞの答

なぞの答
今ここにいます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なぞ

なぞ
なぞ。ちなみにおっかけではありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

箱根峠

箱根峠
さようなら神奈川県〜。こんにちは静岡県〜

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東海道ウォーキング14-2

9月22日(火)畑宿からの続きです。ここから本格的に始まります。(13:04)
37









一里塚跡です。
38









石畳です。
39









これは箱根新道です。旧道が上を通っているのです。
ここのあたりは西海子(さいかち)坂
40









こんなとこを通ります。(バックショット)(13:15)
41











急坂です。つづら折れです。前歩いている親子、
途中からバスに乗って甘酒茶屋まで行きました。
42









この階段を進みます。
43









バックショット。坂きつい。奥の道は箱根新道。
休日なので歩いているしと多数。(13:22)
44









前方を。対向者います。こんにちは、と言ってお互いが挨拶します。
気持ち良いですよ。
45









また階段です。(かしの木坂)(13:25)
46









いわれです。ここが一番の難所です。
47









また階段
48









またまた階段。やめてくれ~。へばり気味。
甘酒茶屋ばかり考えていました(ばき)
49









上に行くと732号線。左に行きました。
ここでへばりました。一度休憩。息を整えスタート。
左に折れ、100~200Mくらいして上に行く道があり、上ってみると
50









見晴らし茶屋というお店があり、その脇からは小田原方面(多分)が見えます。(13:36)
51









再び戻り、スタート。猿滑坂(さるすべりざか)です。
52









732号線に合流したらまた階段を。
53









右側(赤矢印)を歩きます。(13:56)
54









親鸞聖人と師弟が別れた場所です。
この右側が追込坂(おいこみざか、ふっこみざかともいいます)
55









やっと着いた~(14:05~40)
57









黒ゴマきなこといそべ餅と甘酒。850円。
うまかった~
58









店内。4月26日に再OPENしたそうです。
59









私とお店の人との会話です。
私:『パンチさん来ましたよね?』、店員:『さあ?』
私:『去年の今頃来たはずですが・・・』
店員『今年ギャ○ス内○さんが来ましたけど』。(ばき)
私は絶句して立ち去りました(ばき)。これってどこかのチーズケーキ屋さんと
同じ感じだと思いました。
茶屋の隣には資料館があり、ここで箱根八里の意味を知りました。
571









再スタートし、また732号線とクロス。
ここはお玉ヶ池が近いですが行きませんでした。
60









まだ坂が続きます。ここをしばらく行くと下り坂になります。
ふ~っしんどかった。(14:55)
61









バックショット。来た道を振り返ります。
箱根方面に対しては下りです。(15:10)
62









二子山がこんなに真近に見えます。
63









権現坂。下っています。結構危ないです。
64









杉並木です。ドイツ人のケンペルさんとイギリス人のバーニーさんの碑が近くにあります。
2人とも箱根を海外に広めた人です。
65









元箱根に。芦ノ湖が見えました。(15:34)
66









バイキング船が入ってきました。
67









再度歩き左に。道渋滞中。
68









一里塚跡。(15:48)
69









杉並木を歩きます。
70









右に折れます。関所跡は近い。
71









箱根関所跡でゴ~ル。疲れました。
良くここまで来ました。(16:03)
72









平均速度、1分あたり70M切りました。
17KM歩きました。24400歩でした。
73









箱根越えのポイントは
①晴の日に歩く。雨だと滑る。石畳、こけがあるため危ない。
②出来るだけ箱根湯本寄りまで歩いておく。箱根越えを楽にするため。
③休むところでは休む。湘南の平坦な道から一気に坂になるため
ギヤチェンジが難しいのです。
④寒さ対策をする。標高48Mの風祭駅から800Mを越える箱根なので
5度くらい気温が下がります。
参考までに。次は静岡県突入です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

東海道ウォーキング14-1

9月22日(火)に風祭ー箱根関所跡まで歩きました。
今回も2部構成です。前に終わった風祭駅から。(09:40発)
下りホームはかまぼこ屋の鈴廣に直結しています。
1









一里塚跡です。
2









爆です。
3









入生田(いりゅうだ)踏切。奥が入生田駅。
あれ、まだここ3線だ。
4









R1に合流し、少し歩くと右側に歩きます。
ここはもう箱根町。
5









またR1に合流。歩行者には冷遇しています。 6










三枚橋信号左折。本格的に始まります。
奥に箱根湯本駅が見えます。(10:23)
7









上り坂です。
8









早雲寺。ここのとこ北条氏が良く出てきます。
9









一里塚跡。もう4KM歩いたんだ。(11:00)
10









さらに歩くと右側に行きます。ここ見過ごしやすいです。(11:02)
11









脇には標識がありますのでこれでチェックして下さい。
12









石畳です。まだここは歩きやすいです。
13









福寿院(箱根観音)
14









出口です。県道732号線に合流。
ほとんど732号線に沿って歩きます。
15









自転車のしともきつそう。葛原坂(くずはら)付近。
16









須雲川(すくもがわ)集落です。(11:43)
17









鎖雲寺(さうんじ)脇にある滝です。
18









ここを歩きます。元箱根までまだ6.2KM。
雨が降ると通れません。
19









こんな感じです。 20










静かです。
21









危なっかしい橋を渡ります。
雨が降ると増水して歩けませんね。
ここでお昼にしました。この川は須雲川です。(12:06~22)
22









水綺麗です。23










再び坂を上り、矢印に進むと右手に
24









割石坂があります。(12:27)
25









江戸時代の石畳があります。が50Mで終了(ばき)
再度50Mくらいの道があります。
26









こんな感じです。
27









5つあるんだ(あったんだが正解かな)
28









また現代に戻ります。
29_2









また旧道に
30









ここ滑りやすく危ない坂です。(大澤坂)(12:40)
31









いわれです
32









こけがあって滑りやすいです。結構危ないです。
33









また現代に。(732号線)(12:46)
34









このあたり、向かいから来る人に挨拶して
この先滑りやすいことを話しました。
相手の人もこれから先がきついわよ、と言われましたが
この時は知る由もなく・・・
畑宿(はたじゅく)に入りました。
35









畑宿本陣茗荷屋跡(みょうがや)(12:50)
36









このあたりは寄木細工で有名です。
寄木会館があり寄ったのですが興味なくすぐ撤収(ばき)
店員さんとも話したかったのですが先客がいて話せませんでした。

今回はここまで。次は過酷な歩きがまっています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »