« 松島旅行 | トップページ | 東海道ウォーキング6 »

2007年10月20日

1年前の2007年10月20日(土)は港区愛宕山の
NHK放送博物館である先生の講演会がありました。
そのレポートをします。
Dsc_0913_2








2時からの開始でしたが行くのが遅れ、会場に着いたのが2時ぎりぎりでした。最後列の通路側に陣取りました。この中に写っている人てを挙げてー。(は~い、と数人?)
Dsc_0906_6









拡大写真がこれ
Dsc_0907









おーっ、一番左側の背中の大きい『しと』、有名な社長、じゃなくmさんだと思い感動したのでした。挨拶には行きませんでした(ばき)
一番右側はnさんかな。

そうこうしているうちに先生が登場しました。
Dsc_0908

皆熱心に
聞いています。
ピンボケ写真です。






これもピンボケだけどメインは背中の大きいしとになっている(爆)
Dsc_0909









講演会の最後で質問コーナーがあり、私は甲州街道で蛇に遇った時の事を質問しました(質問した時、皆笑っていましたが)
その後75分ほどのビデオ上映があったのですが家で嫌というほど見ていたので
退散。外の通路で先生と会い、写真を撮ったのですがカメラのシャッター設定を間違えていてうまく撮れませんでした。私の前にhさんが撮っていましたがその時は言葉も交わさず
(多分ブログにコメントしている人だと思ったのですが)別れたのでした。

勇気がなく(ばき)hさんはいすに座っていて、自分が声をかければよかったのに
私はhさん近くにある自動販売機の所でうろうろしていたのでした。

その後放送開館内にこんなのがあり席を傾けていいな~なんて
思いながら座っていたのでした。
Dsc_0912









そろそろ帰ろうと思いロビーにいたら先生が帰るところじゃあ~りませんか。私は思わず『す、す、す、す、すいませ~ん、しゃ、しゃ、しゃ、写真撮らせてくださ~い』とお願いしたのです。先生、快諾して撮ったのが↓
Dsc_0916








満足して帰ったのでした。この後、先生と会ったのは2008年3月の草津だったのです。

|

« 松島旅行 | トップページ | 東海道ウォーキング6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもブログへのコメント
ありがとうございます。
懐かしぃ~
私も参加しましたが貴重なてっしーの
てくてく街道のお話でしたね。
俄然中山道を歩きたくさせたイベントでもありました。

投稿: てくてく歩くサーファー | 2008年10月20日 (月) 08時26分

>サーファーさん、て氏に会ったのは甲州街道ゴール翌日八王子市民会館での街道フォーラム以来でした。(5月26日だったかな)お~って感じで愛宕山での講演会聞いていたのでした。

投稿: イチロー | 2008年10月21日 (火) 00時03分

草津は早めに着いたんで、隊長に『今日はイチローさんも来てますよ~』、と言ったら、『イチローさんって知らないんですよ~』・・・(ばき)。でもズボッの写真で知名度急上昇でしたね。親方は今のほうが風格ありますね(笑)

投稿: ひわた | 2008年10月21日 (火) 02時37分

懐かしいですね
このイベントはブログ関連の人がもっとも集まっていたかも

投稿: masaru | 2008年10月21日 (火) 18時18分

ほんと、懐かしいです。
私はこれがきっかけで中山道を始めました。
なーんて。。。
そのあとの血めぐりで、日光街道なんか3日で終わるじゃん!のひとことが効きました。
まだ言ってる・・・

投稿: ntake | 2008年10月21日 (火) 22時06分

>ひわたさん、愛宕山ではニアミスどころでなかったですね。ブログ仲間のコメントをしたのはひわたさんのが初めてでした。草津では声をかけていただきありがとうございました。

>masaruさん、愛宕山では有名な親方?社長(ばき)に会えて(見て、かな)幸せでした。ひと目でわかりましたよ。(爆)。どのくらいブログメンバーが来てたのでしょうね。

>ntakeさん、私はこれがきっかけで東海道始めました(うそつけ、と自分で突っ込み)。何とか3日分は越えました。先生のおかげで歩くようになりました。歩くと色々見えますね。

投稿: イチロー | 2008年10月21日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512387/42845068

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年10月20日:

« 松島旅行 | トップページ | 東海道ウォーキング6 »